ティーパック?ティーリーフ?

ティーパックタイプとティーリーフタイプ

ALL MY TEAのハーブティーはティーパックタイプとティーリーフタイプがあります。
(一部ティーパックのご用意がない商品もございます。)

お客様から「どちらが良いですか?」とご質問をいただくので
それぞれの長所と短所をお話致します!

ティーパックタイプ

〇長所
なんといっても便利なところ!
ティーポットやマグカップにポンッと入れて
お湯を注ぐだけですぐに飲めます。

〇短所
量の調節ができないこと。
ALL MY TEAのハーブティーはティーパック1つで750ml~1L出すことができるので
正直なところマグカップなど小さな容器にティーパックを入れたままだとかなり濃くなります。
濃くても美味しいものもあれば、苦味が出てしまうものもあるので
お好みの濃さで一度ティーパックを取り出す事をおすすめします!

ティーリーフタイプ

〇長所
長所はお得なところ!
ティーパックタイプより多めの茶葉が入っています。
また、飲む量に合わせて使用する茶葉の量を調整する事ができます。
ティースプーン1杯でカップ1、2杯、大きなやかんなどで大量のハーブティーを
作るときにもサイズに合わせた茶葉を入れればOKです!
また、ティーリーフタイプですとフルーツやスパイス、お花も見えて
とても可愛いので、目でもお楽しみいただけます。

〇短所
茶漉しで漉さなければいけない事。
でもALL MY TEAのティーボトルなら茶漉し付きなので
茶葉をそのまま入れて、そのまま飲むことも可能です。

お好みのハーブティーでお好みの飲み方を見つけてみてくださいね!

おすすめ

おすすめ記事

  1. ワンランク上のルイボスを使った美味しいホットケーキ
  2. ルイボスティーの魅力

関連記事

  1. 夏におすすめのウェルカムドリンク!
  2. フレッシュハーブとドライハーブの違いとは
  3. 乾かせばいい、だけではない
  4. ルイボスティーの水銀検査の本当のところ
  5. ハーブの歴史後編 ― 近代医療 VS 伝統医療 ―
  6. サロンで選ばれるリラックスティーは?
  7. 妊婦さんへのプレゼント
  8. ハーブとアロマの違いとは?
PAGE TOP