これって更年期? ハーブティー との暮らし

月経が丸1年来なかった時点から閉経と呼び閉経の前後5年間の10年間の期間を更年期と言います。
日本人の女性の平均閉経は50歳前後なので一般的には45歳から55歳頃に更年期になります。

更年期は人生のある一時期を指しているだけで誰もが皆『更年期障害』になる訳ではないのです。

どんな症状が更年期障害と呼ばれるか?

更年期障害の主な症状にはこんな事が言われています。
皆さんも当てはまりはないかチェックしてみてください。

  • ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)
  • 汗をかきやすい
  • 気分が落ち込みやすい(不安感)
  • イライラする・モヤモヤする
  • よく眠れない

他にも頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、無気力、倦怠感、月経異常など様々です。

このように身体の異常の他にもイライラする、不安感や落ち込みなど
といった精神的な症状があったり家事や仕事が出来なくなり
寝込んでしまうそのような一般生活に支障をきたす事を 『更年期障害』 と呼びます。

更年期の不調の原因とは

更年期になり卵巣機能が低下し卵巣から分泌されている
女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると脳が卵胞刺激ホルモンを
分泌しエストロゲンを分泌するように促します。
エストロゲンを必要量分泌できないためエストロゲンの
減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンのバランスの乱れによって自律神経が乱れさまざまな障害が現れます。

更年期障害は自律神経のバランスによる一種のストレス疾患と
も考えれれておりなぜ、上記のように症状が人それぞれかというと加齢によるエストロゲンの減少による要因の他にも仕事や家庭環境や性格や気質など心理的な事も相まって様々な症状が起こり人それぞれに違う症状なのです。

更年期障害の要因は女性ホルモンであるエストロゲンの減少が原因とされています。
身体で作られるエストロゲンの減少を食い止める事は出来ませんが
緩和や和らげる事は生活を通じて可能です。

簡単にできるセルフケア

ほてりやのぼせには運動を頻繁に行う事をおすすめしています。汗をかき交感神経を活発にする事で軽減につながります。ウォーキングなどの有酸素運動を毎日の日課にしてみる事をおすすめします。

また、毎日の食事にも一工夫を加えるのもオススメです。
現状する女性ホルモンを補う食事は沢山あります。
例えば植物性のエストロゲンを多く含む大豆製品や亜鉛・カルシウム
などを摂取するももいいでしょう。亜鉛やカルシウムならルイボスティーがいいですね。

この用に心的要因も多く加わった更年期の時期に幸せに明るく
心に余裕を持ちながらリラックス、リフレッシュな気持ちで
思い切って新しい生活習慣を始めてみる事もいいのかもしれません。

おすすめ

ALLMYTEAでは更年期障害の時に飲んで欲しいハーブティーブレンドを多く用意しております。植物性エストロゲンたっぷりのハーブやホルモンバランスを整えるハーブティー、ほてりやのぼせにおすすめのお茶、冷えた身体を温める温かいお茶やまだ更年期ではないが今のうちから予防として飲みたいという方など様々な方がお店にご来店するので色々なお茶をご用意しております。

関連記事

  1. 抗酸化作用と言ったら「ルイボス」
  2. 胃腸炎・感染腸炎が流行!役立つハーブは?
  3. 夏の悩みハーブで解決
  4. ルイボスティーの魅力
  5. 不眠に使われるおすすめハーブティー
  6. 美しい体系を求め世界中で愛飲されているマテ茶
  7. 口内炎に良いハーブとは?
  8. ペットボトルに入っている砂糖の量って?
PAGE TOP