とにかくリラックスしたい!

気持ちを和らげリラックスできるハーブ特集

カップを顔に近づけるとリラックスする優しい香りと琥珀色や
ルビーの色鮮やかなハーブティーがまずあなたをいつでも出迎えてくれます。
ハーブそのものの自然の恵みには不安に心配事を取り除き気持ちを落ち着かせ
明るく明日へ頑張る一杯へとあなたをひと押しをしてくれることでしょう。

静かな安らげる場所でそっと腰を下ろしゆっくりハーブティーの甘い香りや
爽やかな味を寛ぎながら召し上がってください。
お好みで温かいミルクや甘い蜂蜜、メープルシロップを入れて
特別なティータイムにするのも良いでしょう。

カモミール

乳幼児がいるお母さんにもおすすめのリラックスティー。
神経を鎮めリラックス効果があるハーブの代表と言っても過言ではないでしょう。
カモミールにも沢山の種類がありますが中でもジャーマンカモミールは
リラックスに長けストレスや不安な気持ちを収め寝つきが悪い時に飲むのもおすすめです。
身体をぽかぽかさせてくれるのでリラックスできるほか、
イライラしがちな月経痛に悩む方にもおすすめです。

また母乳で育てているお母さんにもおすすめです。
カモミールのリラックス効果は自然の眠りを誘い お母さんの飲んだカモミールティーは
カモミールにも沢山の種類がありますが中でもジャーマンカモミールは母乳とともに
赤ちゃんにも届くので、赤ちゃんもリラックスして眠りにつくことができるといわれています。
そして細切れの時間で睡眠をとるお母さんも少しの時間でも質の良い眠りがとれるのです。

カモミールとホットミルクの美味しい関係。
カモミールのリラックス効果を存分に楽しむ時はホットミルクで飲むのをオススメします。
温かいミルクにトリプトファンと呼ばれるリラックス効果の高い成分が入っており
とりわけ温めるとこの成分は効果が増しますのでそこにカモミールの相乗効果が加わり
とっても穏やかなリラックスタイムが出来上がります。

交感神経を刺激してしまうのでカモミールティーに牛乳を温めずに入れてぬるめに作るのがおすすめ。
(レシピコラム:ミルクハーブティーの作り方

〇シナモンアップルモーメント
リンゴの香りとシナモン、カモミールが部屋中に広がるハーブティーはいかがですか?
ミルクとの相性も抜群!寝る前のリラックスティーをお試し下さい。

ペパーミント

爽快感のある香りで期分リフレッシュ。
シソ科ハッカ属の植物で和名はセイヨウハッカと呼ばれておりペパーミントは
ウォーターミントとスペアミントが交配して生まれた栽培種と言われています。
メントールの香りが頭を刺激して頭をスッキリさせ集中力を高めたい時等にもおすすめです。

ミントにはスペアミントとペパーミントという2種類があります。
ペパーミントはスペアミントよりも強い清涼感があるのが特徴で
乗り物酔いする方はペパーミントティー等を携行しておくのをオススメします。

レモンマートル

レモンマートルは、オーストラリアに自生しているユーカリと同じ
フトモモ科バクホウシア属の植物でオーストラリアの先住民アボリジニ達が
薬草として使っていたといわれ、抗菌、抗ウイルス、消臭、防カビ作用があります。

また、「シトラール」と呼ばれるレモンの香りの元である柑橘系の成分が
レモンの数十倍も含まれている事で、『レモンよりもレモンらしい香り』とも呼ばれており、
その爽やかな香りは心身に安らぎを与え、胃やおなかの調子が悪い時に
用いるヒーリングハーブとしての役目があります。
酸味が少なめであるため、すっぱさが苦手な方でも飲みやすいハーブティーでしょう。

その他にも、レモンマートルの成分などに着目し、昨今は外国では入浴剤やシャンプー、
アロマテラピーなどの原料として注目が集まってきています。
レモンマートルの葉を浸出させた液は、消毒薬、肌の引き締めが見込める化粧水としても
使われることがあり、今後も活用の幅が見込めるものとなりそうです。

ジャスミン

落ち込んだ心をリラックスさせるヒーリングハーブ。
気持ちのリラックスにぴったりのハーブ。
心を元気にするハーブ、気持ちが落ち込んだり、イライラした気分を解消してくれるハーブです。
ジャスミンの香りにはストレスによる過食等を抑えてくれる成分があるといわれ、
ストレスで食べ過ぎてしまう等の時は、ジャスミンティーを横において
食事を楽しむのも良いでしょう。

また、クレオパトラが愛用した媚薬として使われ
アロマオイルや芳香剤としても今もなお人気のハーブです。
ジャスミンの精油成分はリラックス効果があり神経を鎮めて、
心を落ち着かせてくれるといわれています。

ジャスミンのアロマオイルは1kg採取するのに1tの花弁が必要な為、
大変に高価な精油としても使われ癒しのオイルとしては
高級な癒しのアロマオイルとして使われています。

おすすめ

おすすめ記事

  1. ルイボスティーの魅力
  2. ワンランク上のルイボスを使った美味しいホットケーキ

関連記事

  1. ハーブティーで紫外線対策
  2. 抗酸化作用と言ったら「ルイボス」
  3. ハニーブッシュホリデー
  4. 紅茶屋さんではありません
  5. Detox
  6. ビタミンC
  7. ティーパックにできない商品
  8. ハーブティーの香り
PAGE TOP