モリンガ

モリンガ

「モリンガ」という言葉を聞いたことがありますか?
モリンガは今注目のスーパーフードで、優れた栄養素により
さまざまな健康効果が期待できる植物です。

今回は、優れた効能を持つモリンガの豊富な栄養素や
美容効果などについてお話していきます!

最近、世界で注目されている「モリンガ」。
モリンガとはワサビノキ科の植物で、数カ月で2~3mもの高さに成長する木です。
有効成分が多く含まれた、いわゆるスーパーフードであるとされ
お茶、サプリ、スキンケア用品など多くの原料として使われています。
また、その栄養素の高さから「生命の木」や「薬箱の木」とも呼ばれています。

そんな栄養素の高さが注目されるモリンガは、
人類を救うミラクルツリーとして様々な用途で活用されています。

モリンガには90種類もの栄養素や18種のアミノ酸が含まれているといわれ
他の植物と比べて豊富な栄養素を含んでいます。

モリンガに含まれている代表的な栄養素は、
1_ポリフェノール
老化の原因とされている酸化を防ぐ役割がポリフェノールになります。
赤ワインと比較した場合、モリンガには約8倍ものポリフェノールが含まれているのです。
また、ポリフェノールはアレルギー症状を和らげる効能もあり、ポリフェノールが
多く含まれているモリンガは、老化予防やアレルギー抑制の効果も期待できます。

2_ミネラル
ミネラルは、地球上に約100種類存在する無機質元素です。
人間の体には不可欠なものですが、人は自分で体の機能維持や
調節を摂取して補うことができません。
モリンガに含まれるミネラル成分の例をあげると、カルシウムは牛乳と比べ
約20倍、マグネシウムはほうれん草の約5倍、亜鉛は牡蠣と比べ約2倍もの
成分が含まれていると言われています。

3_ビタミン
ビタミンは、人が生きていくために必要不可欠な栄養素のうち
炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物です。
こちらも体の中で栄養素を作り出すことができないため
外部からの摂取が必要になります。
モリンガには、アーモンドの約2倍以上のビタミンが含まれています。

4_β‐シトステロール
幅広い植物に含まれている植物ステロールのことをいい、
抗炎症や抗ガンに効能があると言われています。
モリンガの種にはβ‐シトステロールがにんじんの2倍以上含まれています。

5_食物繊維
食物繊維は、植物の中に含まれている繊維質のことです。
食物繊維には、腸内環境がよくなる水に溶けないタイプと
血糖値の急激な上昇を抑える水に溶けるタイプの2種類があります。
モリンガの食物繊維量はレタス21倍と、かなり豊富に含まれています。

モリンガは、人の体だけでなく、環境にも効果的な働きを持っています。
例えば二酸化炭素の吸収率が優れている点に加え、水の浄化にも利用できるため
環境問題に役立つ植物として注目を集めています。

人の健康だけではなく、環境問題にも役立つモリンガですが
モリンガを摂取することで、具体的にどのような効果が期待できるのか?

・ポリフェノールやビタミンで生活習慣病の予防
・β‐シトステロールで気道の炎症を抑える
・食物繊維で便秘解消
・老廃物を外へ押し出し内側から綺麗に
・イソチオシアネートで免疫力を高める

ALL MY TEA のハーブティーにもモリンガを使用しているものがあります。
それが、サヤマデイドリームです。
上質な狭山茶を使用しトロピカルフルーツが爽やかに香る
アーバンスタイルグリーンティーとなっております。

緑茶が6割ブレンドされていて程よく上品に香るので
高齢の方やハーブティーを飲み慣れていない方にもおすすめです。

おすすめ

おすすめ記事

  1. ワンランク上のルイボスを使った美味しいホットケーキ
  2. ルイボスティーの魅力

関連記事

  1. 知っていますか?カフェインの常識
  2. 暑いし寒いし…
  3. 花粉症対策にハーブティー
  4. 不眠に使われるおすすめハーブティー
  5. 春バテ
  6. ハーブティーで紫外線対策
  7. 安眠効果
  8. カフェインは敵か?
PAGE TOP