季節の鼻ムズムズにハーブティー

つらい!つらい!つらい!マスクが手放せない季節

毎年2月の上旬から九州地方・中国・四国・関東と
スギの花粉飛散が始まるとやってくるのが花粉症です…。

楽しい行事がいっぱい行楽シーズンなのに…

「ああ・・・またこの季節が来てしまった!」マスクが手放せない!!
毎年、春が訪れ行楽日和なのにやってくるつらいつらい鼻のムズムズや
ウサギの様に真っ赤になった目に悩まされている方は多いのではないでしょうか?

お薬は眠気や体がだるくなったり喉が渇いてしまう…

出来ればハーブの自然の力でマスク要らずでポカポカした暖かい陽気に
お出掛けを楽しみたい!!そんなハーブティーをご紹介致します。

カモミール

ハーブティーのハーブの王道、カモミールはヨーロッパでは万能の薬箱と呼ばれている優れものです。
カモミールティーの蒸気を吸入すると花粉症や鼻のづまりの症状が軽くなると言われています。
また、カモミールは抗アレルギー作用があるため嫌な春の鼻のムズムズ季節にピッタリで
リラックス系ハーブとして有名なカモミールはストレスや眠れない日の夜にも◎!

※秋の花粉(ブタクサ・ヨモギ・キク科)に悩んでいる人は違うハーブをおすすめします。

ルイボスティー

抗アレルギー作用と抗酸化作用があることで有名な南アフリカ特産のハーブです。
なかでもアレルギーを引き起こす物質を抑制する、ケルセチンやルテオリンが含まれています。

花粉の時期だけでなく小さなお子様のアトピー性皮膚炎など
アレルギー症状にも良いと言われています。

ルイボスティーはノンカフェインの為、小さな子供にもオススメです。
また、妊娠中で薬が飲めない時の花粉症対策にもピッタリです。

ペパーミント

有効成分メントールの刺激は頭をスッキリさせ春の陽気にぴったりの打ち勝つ五月病対策にもおすすめ
そのペパーミントにはアレルギー症状の原因と言われるヒスタミンの放出を抑えて
アレルギーによる鼻の粘膜の腫れを抑えると言われています。

清涼系のガムに使われ眠気覚ましのイメージがありますがペパーミントは
喉や鼻の抗炎症作用などにも良いとされており喉鼻の通りを良くする事から
就寝前に飲むと良質な眠りにつくことができるハーブティーと言われています。

家の中のホコリに敏感という人にも必見です!!

リコリス

甘草(かんぞう)と呼ばれ甘味料としてよく使われておりその甘さは砂糖の約50倍と言われ
日本では主にダイエット甘味料として人気が高くリコリスには抗アレルギー作用があることから
喉の痛みや咳や充血を収める事で広く知られており
かんぞうエキスという名前では薬などでもよく見かけます。

免疫力を付ける事から授乳が終わったあとのお母さんのダイエットティーとしても
オススメの一杯です。また甘みがある為にお子様の花粉症対策にもピッタリ!!

リコリスは甘みが強い為に他のハーブとブレンドして飲むことが多いハーブティーです。
ALL MY TEAでは春の季節の上記でも紹介したペパーミントをリコリスにブレンドした
ハーブティー「フォキシーレディー」を販売中です。

ガツンと来る甘みの後にスーっとぬけるペパーミントの絶妙なバランスのブレンドは大好評です。

おすすめ

関連記事

  1. 母乳育児で育てたい!美味しいハーブティー
  2. 疲れているときに飲みたいハーブティー
  3. 口内炎に良いハーブとは?
  4. こんなにすごい!アントシアニン
  5. 綺麗な肌をサポートするハーブ
  6. 快眠をサポートするハーブ
  7. 夏の悩みハーブで解決
  8. とにかくリラックスしたい!
PAGE TOP