ジンジャー

ジンジャー(Ginger)

●学名:Zingiber Officinale
●分類:ショウガ科ショウガ属
●和名:生姜
●ハーブティーに使う部分:根茎

ジンジャーの歴史

インドや中国では伝統医学として生姜は古くから使用されイギリスでペストが大流行した際に
ヘンリー国王が国民にペストの予防として生姜を食べるようにと勧めました。
その事からヨーロッパではジンジャーブレットやジンジャークッキーなどが
広く食べられるようになり免疫力を向上させ幾多の疫病の予防に欧米の人々は
盛んに生姜を食べる様になったと言われております。

ジンジャーの成分とは?

ジンジャーはインド・マレー圏原産の多年草です。
ジンジャーの成分にはジンゲロンとショウガオールが辛みの成分が知られています。
ジンゲンロンやショウガオールには血行をよくし発汗作用を促し冷え性の改善に役立ちます。

また消化吸収を助ける作用がありジンジャーには殺菌作用も多く
昔からお刺身等に薬味として使われており魚の内臓や肉に住むアニキサスという寄生虫を
殺菌し夏場に多いO-157の病原性大腸菌などにも予防効果が認められており
解毒効果にも優れています。

ジンジャーには消化機能の促進をさせ下痢や便秘の解消にも効果があると言われています。

国民病に勝つ!?ジンジャーの活用

英語では「冷え性」に変わる言葉がなく寒がりという言葉が
一番近いニュアンスになってしまうようです。

それを表すように日本人の女性で冷えに悩んでいるの人は7割もいると言われています。
もはや国民病と言っても良い冷え性の多くの理由は子宮や卵巣などの内部性器がデリケートで
炎症を起こす事で充血し下腹部や足腰が冷えるといわれ女性は血管も細く、
心臓のポンプが弱いなど色々な原因が挙げられております。

ではどう冷えを改善していくか上記の全てにあたる一つの改善策は
身体を内側から温め血の流れをよくする事なのです。

ジンジャーには内臓を温め血行を促進し身体の隅々に十分の血液を送り出す事で
体をポカポカに温め一年中冷え知らずの体つくりをジンジャーの力と
ハーブティーを使って今日から始めてみてはいかがでしょうか??

ALL MY TEAのジンジャーブレンド

海外ではジンジャーはハーブとして利用されることが非常に多く欧米諸国では
ハーブティーとして楽しむ事が一般的で仕事中のティータイムやランチブレイクなどに
ホットやアイスで気軽に摂取する事で体の免疫力や体調管理を行っているそうです。

ALL MY TEAでは夏場のエアコンで冷えて困るという
お客様の声からジンジャーブレンドを常時販売しております。

生姜を使ったユニークなブレンドハーブティーはお客様が一年を通して飽きのこないように
飲めるようにブレンドし生姜の味にもムラが無いように細心の注意を払いブレンドしております。

是非、本格的なハーブティーで毎日、美味しく冷え知らずの体質にづくりいかがでしょうか?

おすすめ

関連記事

  1. コリアンダー
  2. バーべイン
  3. 美容・健康にオールマイティーなハニーブッシュ
  4. ルイボスティーとSOD様酵素
  5. ルイボスティーとSOD様酵素
  6. 白茶
  7. シナモン
  8. ジャスミン
PAGE TOP