レモンマートル

レモンマートル(Lemon Myrtle)

●学名:Backhousia citriodora
●分類:フトモモ科バクホウシア属
●ハーブティーに使う部分:葉

こんな人におすすめです。~レモンマートル活用法~
・とにかくリラックスしたい人
・季節の変わり目の体調管理に気を付けたい人
・冬の受験シーズンに負けない体づくり

STORY OF LEMONMYRTLE~ハーブの豆知識~

癒しの成分シトラール。
レモンマートルに入っている成分シトラールとは
レモングラス、レモンバーム、レモンバーベナ等の精油にも含まれています。

シトラールはレモンのような香りのする芳香成分で含有量はレモンは5%前後なのに対して
レモンマートルは90%以上もあり上記に述べたハーブよりも非常に高い含有量を持っており
抗菌作用、鎮静作用・抗ウィルス作用・虫除け効果があるのが特徴です。

またアロマとして使う場合はシトラールには皮膚刺激が強いため
使用量や濃度に注意し原液を希釈して使用するのが良いでしょう。
肌への使用は1%以下の低濃度で使用する事をおすすめします。

心を落ち着かせてくれる為、芳香浴に向いております。
また虫除け効果もあるため夏場のお部屋の蚊対策と同時に
ルームスプレーとしても使える一石二鳥のアロマ効果があるハーブです。

アボリジニのパワーの源レモンマートル

フトモモ科バクホウシア属の植物でクイーンズランド州の亜熱帯の多雨林に自生しています。

名前から想像出来るようにレモンマートルはレモンにとても類似していることから
『レモンハーブの女王』と呼ばれております。

また主要成分はレモンと同じシトラールが含まれており
レモンの何十倍もシトラールが含まれています。
驚くことにレモンマートルは柑橘系の植物ではなく抽出する部分も葉部という事から
『レモンよりレモンらしいハーブ』と言われておりその爽やかな香りと肌をケアする
ヒーリングハーブとして世界中から注目を浴びているハーブです。

レモンマートルのチカラ

オーストラリアの原住民アボリジニは長い間
料理のみならず薬草として利用されてきました。

レモンマートルはとくに流行性の風邪や咳、血行の促進等といったアボリジニの健康を支え
エッセンシャル・オイルは抗菌性がありシャンプーや石鹸、アロマオイル、
皮膚を白くすると言った『肌に良いヒーリングハーブ』として美容の面で
原住民アボリジニに愛されてきたハーブです。

その事が南ヨーロッパ、南アメリカ、南アフリカに伝えられ
レモンマートルのもつ有効成分が美容や健康に良と言う事が広まると
中国や東南アジアでレモンマートルのエッセンシャル・オイルを使った
美容製品の需要が高くなりました。

おすすめ記事

  1. ワンランク上のルイボスを使った美味しいホットケーキ
  2. ルイボスティーの魅力

関連記事

  1. マリーゴールド
  2. ルイボスティーとSOD様酵素
  3. ホーリーバジル
  4. カルダモン
  5. カモミール
  6. ジャスミン
  7. ローズヒップ
  8. イェルバ・マテ
PAGE TOP