海外で大注目!簡単マテチンキ剤の作り方

マテチンキ剤、ティンクチャ―とは??

日本ではまだまだ知られていない活用方法ですがチンキ剤
(外国ではティンクチャーと呼ばれています。)と呼ばれる
アルコール抽出でハーブの有効成分をアルコールで抽出する方法があります。

今回はハーブではなく外国ではポピュラーなマテでの
チンキ剤(ティンクチャー)の作り方をご紹介します。
「アルコール抽出」と聞くと難しそうなイメージですが簡単なので是非、お試し下さい。

チンキ剤はより成分を引き出しマテの成分をギュ濃縮し携帯できるので
色々な物と混ぜられて便利!お水、白湯に2、3滴(2~4ml)入れるだけ!
簡単に飲めて便利です。※アルコールベースなので必ず薄めて飲んで下さい。

用意するもの

〇材料
・ドライハーブ(今回はグリーンマテ)
・アルコール (ウォッカ 又はホワイトリカー)
・ガラス瓶  (今回は75mlのガラス瓶を使用しますがお好みで)

〇あると便利なもの
・スプレーボトルやスポイト瓶 
・茶漉し 又は コーヒーフィルター

ガラス瓶をよく洗いハーブをガラス瓶の八分目まで入れる

ガラス瓶をアルコールで除菌、もしくは煮沸した後、乾燥させる。
※洗った後はよく乾かすことが大事です。水気をよく切ってから使用して下さい。

その後、乾いた瓶へ八分目程度詰めアルコールを入れ待ちます。
だんだんと琥珀色になり毎日色が変わる過程を見るのも楽しみの1つです。
たまにハーブの様子をみて少しビンを振り抽出を促しハーブを満遍なく浸らせるようにしましょう。

アルコール漬けしたグリーンマテを漉す

アルコールを入れ約3週間置きその後、ドライハーブを漉す。
(スポイトボトルに入れて携帯すると便利です。)
白湯やお水等に数滴入れて飲めば手軽にマテの力を感じる事が出来き
忙し時などにも手軽に摂れてピッタリです。

※キッチンペーパーを2枚を使って漉すこともできますのでなければ代用も可能。
※使用目安は1年で冷暗保存をお願いします。

濃縮した一滴!グリーンマテの楽しい飲み方!

マテ好きにはたまらない簡単な活用術をご紹介します。

炭酸水にマテチンキ剤を2、3滴入れてお好みでレモンやグレープフルーツなどを加えると
爽やかな味にほんのりビターな大人の炭酸グリーンマテに簡単に早変わり!

他にもお好みの炭酸飲料と組み合わせて飲めるのでお好みを探してみて下さい。

おすすめ記事

  1. ルイボスティーの魅力
  2. ワンランク上のルイボスを使った美味しいホットケーキ

関連記事

  1. 疲れた体に染渡るレモネードマテの作り方
  2. アレンジハーブティー
  3. カフェインフリーのミルクルイボスティー
  4. ハーブティー×アーモンドミルク
  5. ナッティーキャラメルミルクティー
  6. ハーブティー×フルーツ
  7. ハーブティー×オーツミルク
  8. カクテルレシピ「レモンブリーズサングリア」
PAGE TOP