ハーブティーの効果を高めるには

ハーブティーの効果を高めるには

ハーブティーの効果を高めるためのコツをご紹介しますが
すぐには効果が出ないことを意識してください。

ハーブティーは医薬品と異なり、即効性は期待できません。
効果を実感するには、ある程度継続して飲み続ける必要があります。
すぐ効果が出ないからといって焦らないようにしましょう。

まず、ハーブティーは1日3回に分けてこまめに飲むのがおすすめです。
医薬品などと異なり、ハーブティーの成分は体内に留まりにくいためです。
こまめに摂取することで、体内にハーブティーの成分を維持しやすくなります。
朝・昼・夜の食後などタイミングを決めておくと、飲み忘れを防げるでしょう。

ハーブティーの保存方法に気を付けてください。
ハーブティーは、保存方法を誤ると劣化が早まる可能性があります。
特に湿気・日光に弱いため、高温多湿な場所や直射日光が当たる場所での保存はNGです。
おすすめは、冷蔵庫などの冷暗所での保存!湿気が入らないよう、密閉容器で保存してください。

そしてハーブティーはホットでの飲用がおすすめです。
ハーブティーに限らず冷たい飲み物は、内臓を冷やすおそれがあるためです。
特に血行促進作用のあるハーブティーはホットで飲むことで、より高い効果を期待できます。

ハーブティーの効果が出るのはいつから?

ハーブティーはある程度継続しなければ効果を実感できません。
では、おおよそどれくらいの期間がかかるのでしょうか?

1ヵ月目はデトックス期と呼ばれます。
ハーブティーの成分が体に浸透し始めている階段です。
デトックス期には、名前の通りデトックス効果が期待でき
具体的には発汗、利尿作用などが出やすいです。

2ヵ月目はリズム期にあたります。
ハーブティーによって体質が改善される時期です。
健康的なリズムがついてくるため、各ハーブの効果効能を実感できることも多いです。

3ヵ月目はコントロール期です。
ハーブティーの成分が深く身体に馴染んでくる時期です。
多くの方がハーブティーの効果効能を実感しやすいでしょう。

ハーブにはさまざまな健康効果が期待できます。
一方で、ハーブは医薬品ほど依存性・副作用のリスクはありません。
特にお茶をとして飲む場合は、ほとんど健康面のリスクはないとされています。

ハーブティーはノンカフェインでも味も良いため、普段の飲み物とも置き換えやすいので
心身の不調があり、かつ薬に頼りたくない方はハーブティーを試してみるのもおすすめです!

おすすめ記事

  1. ワンランク上のルイボスを使った美味しいホットケーキ
  2. ルイボスティーの魅力

関連記事

  1. インナーケア
  2. 胃腸炎・感染腸炎が流行!役立つハーブは?
  3. お花見のお供に
  4. 一杯のハーブティー
  5. 疲れているときに飲みたいハーブティー
  6. ALL MY TEAのルイボスティー
  7. ティーパックにできない商品
  8. 花粉疲れ
PAGE TOP