美容・健康にオールマイティーなハニーブッシュ

皮膚のしわの改善に効果があると話題のハニーブッシュ

しわに効果があるとアメリカで人気に火がつき美容大国、韓国で話題沸騰のお茶
ハニーブッシュはまだまだマイナーな茶葉です。
ハニーブッシュは南アフリカ共和国のケープタウンの地域でのみ咲く花で
花の蜜の香りがする事からハニーブッシュ(honeybush)と呼ばれています。

南アフリカ先住民は「バスティー」(bergtee)、
「ボーシティ (bossiestee)ブッシュティー」(bushtea)など、さまざまな名前で呼ばれます。
ハニーブッシュティーは、ハーブのスパイシーな香りにほのかな蜂蜜の香りがします。
花と葉を主に煎じ飲むルイボスティーと同様に、タンニンが少なく、カフェインが含まれていないため
南アフリカ共和国では、健康のために飲まれております。

アンチエイジングとして海外で人気のTEA!
肌の老化の改善に優れた効能があると報じるとハニーブッシュは
たくさん美容関係者から注目が集まり年々、その人気度は増しております。
お隣の美容大国、韓国でも首のシワに良いお茶として話題になっております。
ハニーブッシュは、なじみがないですがアメリカ、ヨーロッパでは
古くからスキンケアのためにTEAとしてを楽しみながら飲まれてきました。

なぜ!シワやアンチエイジングに良いのか?

ハニーブッシュの効能一つとしてあげられているのは。抗老化、皮膚改善です。
ハニーブッシュはビタミンCだけでなく、ビタミンPとして知られているポリフェノールの一種である
ヘスペリジン成分が多量に含まれこの成分が肌の老化を防止し、しわの改善に優れ、紫外線による
肌のダメージにも役立ち、弾力性の改善にかなりの効果を見られると言われているのです。

また、美容効果から海外の美容関係者の目に止まったハニーブッシュですが
昨今は健康茶として市民権を得て老若男女問わず愛されるお茶として人気が高まっております。
その各国のハニーブッシュの健康事情をリサーチしてみたいと思います!

血管疾患の予防と抗癌効果

アメリカ、ヨーロッパで長年、ハニーブッシュの愛飲者が多いもう一つの理由は
ヘスペリジンによるコレステロール値を低下させてくれて血管壁の強化、
体内の有害な活性酸素を除去してくれる事で美容需要で飲まれていたハニーブッシュが
多くの国民に愛された事が容易だと考えられております。
また、栄養の面でもカルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも豊富で
高血圧、動脈硬化、高脂血症、心筋梗塞などの血管疾患の予防にも良いとの事で
肥満大国アメリカで人気が高まっている理由の一つだと考えられます。

また、紫外線が強いヨーロッパ地域は肌のインナーケアと
紫外線による抗癌効果として愛飲者が多くいます。
皮膚がんの原因の90%が紫外線であるといわれるほど紫外線は肌に悪影響を与えると言われており、
米国の研究結果では皮膚がんを誘発したラットにハニーブッシュを投与した結果、
皮膚腫瘍の生成が84.2%〜90%が抑制され皮膚癌の予防に優れた効能を見せ
ヘスペリジンが癌誘発要因である炎症にも役立つと発表されました。

美容、アンチエイジング、肌ケア、血管疾患予防とオールマイティーな
TEAですがまだまだご紹介致します!
ハニーブッシュは発酵させると、様々な酵素が生成され、体内吸収率も増加すると言われています。

そのいくつかもここでご紹介致します!

呼吸器疾患の予防

ハニーブッシュは南アフリカ共和国だけでなく、ヨーロッパでも風邪の予防天然薬剤として
使用されて来ました。ハニーブッシュのヘスペリジン成分が抗炎症作用に優れ
気管支内炎症を除去してくれて、風邪や呼吸器疾患の予防に役立ちます。

妊婦さんと女性に必見!

ハニーブッシュはビタミンCだけでなく、マグネシウム、亜鉛、鉄、カルシウムなど
各種ミネラルを含有しており、滋養強壮、免疫力増進、疲労回復に効果的です。
更年期症状の緩和と女性の病気の予防、ハニーブッシュはマメ科に属する植物で
ソフラボン,クメスタンなどが豊富で、植物性エストロゲンを含有しています。
更年期症状の緩和に役立って不規則な月経周期と生理痛の緩和にも役立ちます。
また、またカフェインがないので体調管理の面で妊婦さんにも嬉しいお茶です。

関連記事

  1. コリアンダー
  2. ハーブティーにスピルリナ!?
  3. 自然のサプリメント「花粉荷」って!何!?
  4. キャラウェイ
  5. ネトル
  6. カルダモン
PAGE TOP